より良い環境で仕事ができるようにするために、オフィスの設計をしっかり考えなくてはなりません。快適な状態でなければ、従業員の仕事の効率が下がってしまいます。最も優先すべきは従業員が仕事しやすい設計にすることです。空調などの設備の配置を考えることも必要ですし、導線を意識した机などの配置などを考えることも必要です。また、収納スペースなどを確保する必要もあります。机が狭く、書類が山積みになっているような環境で良い仕事ができるはずがありません。今ではペーパーレスを図る業者も増えており、紙のデータは少なくなっていますが、契約書類などは紙で保存している場合もあり、自署で紙に記入をする機会がないわけではありません。また、従業員が自由に仕事できるように上司の目を意識しなければならないオフィス設計でも、従業員が活躍できなくなります。

オフィスの設計において重要なポイント

仕事によって、どのようなオフィス設計をすべきかを考えるべきですが、少なくとも快適に仕事ができる環境を整備することが大切なことです。暑い寒いなど、基本的な職場環境を考えることも必要ですし、仕事に集中できるようなスペースを確保することも必要です。つまりある程度、プライバシーが確保できるような仕切りなどを設けることも重要なことです。人目を気にする環境では仕事に集中することができません。無駄な会話に付き合う必要もなくなるのですから、業務の成果を上げるために必要なことです。上司は必ずしも部下の仕事ぶりをチェックする必要はありません。逆に上司の目を気にしすぎて、仕事に集中ができない場合もあります。会社のために貢献できる環境を整備するのです。オフィスは仕事をする場所です。快適でなければ、業務効率は上がらないのです。

オフィスの快適さはスタッフの業務効率を上げる

周囲を気にせず、マイペースで仕事ができる人、周囲ばかりを気にして仕事に集中できない人など、さまざまな人がいます。オフィスの快適さという意味で、どのような業務で、どのような環境が良いのかは異なりますが、少なくともストレスを感じるようなオフィスではいけません。また、来客などが頻繁にある場合には、来客が快適に思える場所を設けることも必要です。そして、オフィス全体のカラーを考えることも必要です。心理的にも色彩によって、おだやかな気分になることもできますし、逆に仕事に集中できる色もあります。実務をこなすのは従業員ですから、従業員の要望を聞いて、どのようなオフィスの設計にするかを考慮すべきです。費用ばかりを考えて、劣悪な環境で従業員を働かせることは避けなくてはなりません。